公開履歴
吐いている女性

胃腸薬に含まれるネキシウムは、胃酸の分泌を抑えて、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に効果があるとされる成分です。
ネキシウムの特徴は、強力に胃酸の分泌を抑え、難治性の潰瘍にも優れた効果を発揮するため胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に多く用いられていることです。
ネキシウムは血中への移行が良好で、高い血中濃度を得ることができ、薬の代謝に個人差がそれほどないため、ばらつきのない安定した効果が期待できるものです。
胃酸は本来、胃腸に侵入してくる菌を殺菌する大切な役目を持っていますが、胃壁が弱っていたりすると胃粘膜を傷つけてしまい胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす原因となることがあります。
また、胃酸が逆流すると食道を荒らして、強い胸やけを引き起こすこともあります。
胃腸薬を服用することで、胃酸の分泌を強力に抑えて、胃酸が引き起こす悪い影響をなくします。
その結果、胃潰瘍や逆流性食道炎の治りが良くなり、胃痛や胸やけなどの症状も和らぎます。
そのほか、胃炎や胃潰瘍などのさまざまな胃病変の原因となる菌である、ヘリコバクターピロリの除菌にもネキシウムを含む胃腸薬が用いられます。
この場合には抗生物質と併用して治療を行います。
胃酸を少なくすることで、胃の内部での抗生物質のききがよくなり除菌成功率が高くなります。
効能としては、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症、非ステロイド性抗炎症薬投与時や低用量アスピリン投与時における胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発抑制、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などにおけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助などがあげられます。
副作用は少ないとされていますが、人によっては肝機能値に異常があらわれたり、頭痛やめまい、軟便や下痢などが見られることがあります。
ピロリ菌の除菌治療で強い下痢が続く場合には医師に連絡しましょう。
その他にも、発熱や食欲不振、吐き気などが出ることがあります。
症状が続くようであれば医師に相談するようにしましょう。
胃薬を処方してもらう際に、持病やアレルギーなどがある場合にはきちんと医師二つ与えることが大切です。
また別の薬を服用している場合にも、その旨をきちんと使えるようにしましょう。
肝臓の働きが悪いと薬の血中濃度が上昇しやすくなることがあるので、肝臓病のある人や高齢の人は副作用の発現に注意が必要な場合があります。
そういったことに当たらない人であっても、決められたのみ方を守ることが大切です。
また、腰痛や膀胱炎といった痛みや炎症に効果があるボルタレンがありますが、このボルタレンは即効性が非常に高いので、すぐに痛みを和らぎたい方は使用するといいでしょう。
一方、副作用として胃痛など胃腸障害が出る可能性があるので、その場合はボルタレンと胃腸薬であるネキシウムを併用するといいでしょう。