• ホーム
  • 二日酔いを未然に防ぐ胃腸薬効果

二日酔いを未然に防ぐ胃腸薬効果

2019年06月10日
お腹が痛い女性

酒は飲んでも飲まれるなという格言があるように、少量のお酒であれば血管を拡張し血行を促進する効果を持ちますが付き合いなどで大量に飲んでしまうとお酒の効果の副作用によって体にとって害となります。
お酒の害として体が発する危険信号としてあるのが二日酔いであり、二日酔いはお酒を飲み過ぎたことによって血管拡張の反動やアルコール摂取しすぎによるアルコールを分解する臓器の負担で出来てしまった毒素や曲後の水分が失われたことによって生まれた酵素によって体に不調をきたす症状です。
特に二日酔いの中で不快となるのが胃腸の状態が悪くなることであり、この症状の原因はお酒のアルコールには強い殺菌消毒効果を持つため飲みすぎると胃腸の粘膜の壁を刺激してしまい胸やけや吐き気などの症状を引き起こすためです。
そこで付き合いのために多くのお酒を飲むことを避けられない場合において次の日の二日酔いによる胃腸の不調を防ぐために行うと良いのが、お酒のを飲む前に胃腸薬を飲む手段です。
胃腸薬の効果は食べすぎや飲みすぎそして風邪の菌などによって荒れた胃の粘膜を保護することによって生じる胃腸の痛みや吐き気を緩和するために飲むものです。
二日酔いを未然に防ぐ胃腸薬効果としては体のアルコールを吸収する性質として胃の中に何も入っていない状態だとアルコールを急速に吸収してしまいますが、胃の中に何かある状態だと消化液が出ている状態なのでアルコールの胃の粘膜に入り込む余地が無いため吸収を抑えることができます。
そのため飲酒する前に胃腸薬を飲むことによって胃腸薬本来の効果である胃の粘膜を強化して保護する効果と、先に言った胃の中に内容物がある状態でのアルコールの吸収率の低下の両方の効果を与えることによって二日酔いによる翌日の胃腸荒れを未然に防ぐのです。